通販ショッピング

息抜きコラム

 

日本のサプリメント口コミ事情

日本はアメリカのようなサプリメント大国になるのでしょうか。
国内では、販売されたサプリメントに関するトラブルがこれまでに何度か起きていますが、内容は大別して2種類です。

正しいサプリメントの知識が無かった為に、過剰にサプリメントを摂取してしまったり、含まれていた有害物質を一緒に摂取してしまったりする場合です。
次のパターンは、知識があっても、サプリメント商品自体の容器・包装・添付文書・広告等に誤りがあったり、注意書きが無かったりして、サプリメントの正確な知識が得られなかった場合です。
日本でサプリメントは医薬品の様な国の厳格な基準が無く、製品の優劣はすべてメーカーのモラルに委ねられています。

欧米と比較すると、日本ではまだ消費者に対するメーカー側の情報開示が浸透していません。
サプリメントを購入する際に、きちんとした情報を確認しきれていないこともあります。
今、多くの日本人は、インターネットのくちコミ情報やサプリメントの広告などを頼りにサプリメントを選んでいます。

購入する側が健康管理をする高い意識を持っており、サプリメントに向ける目も自然と鋭くなるアメリカでは、ごく当たり前のように販売側のモラルも上がっていきます。
くちコミ情報のレベルはアメリカはかなりの精度が期待できますが、それにはこういった理由があるからです。
サプリメントの品質を上げ、情報の質を引き上げるためには、エンドユーザー側がサプリメントで健康維持をするという認識を明確に持つことによって、製造会社の道徳意識を引き上げていくことです。
サプリメントを口コミで利用するだけでなく、サプリメントの知識もしっかり収集するように心がけることも大切です。

 

あろまぶろの人気キーワード

お買い物キーワード

Copyright(c) あろまぶろ日記 All Rights Reserved

i2i