通販ショッピング

息抜きコラム

 

カリウムサプリメントは摂取量に注意

サプリメントを使いすぎてカリウムを摂りすぎると問題が起こる場合があります。
カリウムは、過剰摂取状態になると高カリウム血症を起こしてしまうため、サプリメントは慎重に用いなければなりません。

高カリウム血症は、カリウムを摂りすぎたことや腎臓の機能が低下するなどの原因から、カリウムの体外への排泄がうまくいかずに血中カリウム濃度が異常上昇することで起こります。
悪心、嘔吐、脱力感など高カリウム血症は、様々な症状を引き起こしますが、中には不整脈のように命に関わる症状を引き起こすこともあるようです。
このため、サプリメントにしても食品にしても、腎臓の機能が低い人については注意して使っていかなければなりません。

インシュリンと関連性の深いカリウムは、糖尿病になるとそれに関連して不足することがあります。
このためか、サプリメントを使ってカリウムを補うことで糖尿病の予防になると考える人もいるといいます。
しかしながら、糖尿病になった場合より注意深くカリウムを摂取しないとならなくなりますので、特にカリウムサプリメントを利用してカリウムを摂取することは控えた方がいいようです。
糖尿病には合併症がつきものですが、三大合併症とまで言われている糖尿病腎症になると腎機能が著しく低下します。

腎臓機能が低下している時のカリウムの摂り過ぎは危険であるので注意が必要なのです。
サプリメントは薬ではありませんが、その影響力には大きなものがあります。
このように、サプリメントを使う場合にはさまざまな影響があり得ることを覚えておきましょう。

 

あろまぶろの人気キーワード

お買い物キーワード

Copyright(c) あろまぶろ日記 All Rights Reserved

i2i